【お役立ち情報】痩せる効果を得るとは限らない自分に合わないダイエット方法

【お役立ち情報】痩せる効果を得るとは限らない自分に合わないダイエット方法



【お役立ち情報】痩せる効果を得るとは限らない自分に合わないダイエット方法ブログ:14-4-18


∩(´∀`∩) コンバンワッショーイ♪(∩´∀`)∩

減量をするためには筋肉をつける…
これはある意味鉄則といえます。

おれたちの身体の中で、
筋肉が最も消費するエネルギーの量が多い箇所だからです。

しかし、筋肉をつけることに誤解をしている人がいるんですよね。

運動をしていたら、
体重が落ちていないという誤解です。

運動をすると脂肪が落ち、
筋肉がつきます。
そもそも筋肉は、脂肪と比べると重さがあります。

ですから、筋肉がつくことによって、
体重自体が変化しないというケースが生まれてきます。

でも、筋肉は確実に増え、脂肪は少なくなりますから、
結果的には体脂肪は減少しているのです。

ですから、しばらく続けていくと、
引き締まったいい身体を作り出すことができるはずです。

また、運動不足の人がいきなり運動をすると
筋肉痛を引き起こすことがあります。
筋肉痛になると、身体がだるくなるような感じがしませんか?

筋肉痛になると、身体に大量の疲労物質が分泌されます。
疲労物質には、
水分の代謝を悪化させるという性質があることがわかっています。

このため、水分が排出されることなく、筋肉にたまっていきます。
一種のむくみのような症状が起きるのです。

水分が筋肉にたまると、どうしても全体的に重みが増します。
この重みが身体のなんともいえないだるさを感じる元になるのです。

しかし運動する習慣をつけることによって、
疲労物質の分泌が少なくなり、
筋肉痛を起こすこともなくなっていきます。

ですから、筋肉痛で挫折をせずに、
もうひとふんばりすることが、
減量成功につながるんですよね。

・・・と、こんな事書いてみる
【お役立ち情報】痩せる効果を得るとは限らない自分に合わないダイエット方法

【お役立ち情報】痩せる効果を得るとは限らない自分に合わないダイエット方法

★メニュー

【お役立ち情報】健康と憧れの美脚を手に入れるなら正しいウォーキング
【お役立ち情報】痩せる効果を得るとは限らない自分に合わないダイエット方法
【お役立ち情報】経験と知識が非常に重要な脂肪吸引を担当するドクター
【お役立ち情報】シミの原因とその正体を知って女性にとって大きな悩みを解決
【お役立ち情報】余分な脂肪を取り除くことの出来る脂肪吸引は外科的な手術
【お役立ち情報】バストアップマッサージで美しいバストを維持することの出来る
【お役立ち情報】ダイエット薬だけに頼るのは危険があるのでご注意
【お役立ち情報】そのまま美脚に繋がる骨盤矯正
【お役立ち情報】美白化粧品の選び方と有効性を理解して美容対策
【お役立ち情報】美しい谷間を作ることの出来るバストアップブラの使用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのは最高の美容